【Django入門:その3】簡単なWEBアプリを作ろう!(Djangoインストール編)

ようこそDjango入門講座:その3へ。

Shinと申します。

今回はDjangoのインストールを行います。

まずはpipが使えるのか確認してみよう

そもそもpipとは、Pythonで書かれたパッケージソフトウェアをインストール・管理するためのパッケージ管理システムのことです。

Pythonを使う私たちには必須のコマンドなので、インストールしておきましょう。

次のコマンドをターミナルで入力してください。

% python -m pip install --upgrade pip

これでpipが最新版にインストール・更新されるはずです。

requirements.txtにDjangoのバージョンを書き込もう

requirementsファイルは pip install でインストールする依存関係の一覧を記載するためのファイルです。

次のコマンドを入力して編集しましょう。

vim requirements.txt 

vimコマンドを使うとターミナル上でファイルの書き換えを行うことができます。

 

変更するときは「S」を押してから編集モードに入ります。

今回は「Django~=2.2.4」と記入して保存しましょう。

 

保存するときは「esc(エスケープ)」ボタンを押して「:wq」として保存します。

Djangoをインストールしよう!

いよいよDjangoのインストールです。

次のコマンドを入力しましょう。

pip install -r requirements.txt

これで先ほど指定したDjangoのバージョンがインストールされます。

次回から、このDjangoモジュールやコマンドを使ってプロジェクトやアプリを作成していきますよ!

私のTwitter

私のYoutubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です