VisualStudio2019でC#言語バージョンが7.3だとインターフェイスが使えないときの対処法

ども、Shinです。

VS2019(.NetFramawork4.8)でインターフェイス使おうとしたら言語バージョン指定のエラーで詰まってたんで、その備忘録として記録を残しておきます。

エラー文は「C#7.3では既定のインターフェイスには対応してません。C#8.0を使用してください」的な感じでした。

インターフェイスが使えない原因

言語バージョンがC#7.3で、C#8.0以上じゃないと使えないぞ!ってエラー吐かれたんで、原因は言語バージョン指定が間違っているということですね。

解決策

結構ググりました。

問題は「言語バージョン変えたいけど、VS側が勝手にバージョン設定してるし、ビルド詳細から簡単に変更できない」ってことで悩んでました。

が、このサイトを見て解決。

プロジェクトファイル(csproj)から直接編集すればええ!ってことらしいです。

 

私の場合、プロジェクトを右クリックしても直接編集できなかったので「アンロード」をクリックしてアンロードしてから編集できるようになりました(ここのサイト参考)。

アンロードはプロジェクトをクリックすれば出てきます。

編集画面は難解なコードがずら!っと並んでますけど、<TargetFrameWorksVerstion>あなたが使ってるバージョン名</TargetFrameWorksVertion>の下に以下のコードを張り付けるだけでOK。

これでエラーがなくなくなった!泣

バグ解決時間(1時間くらい)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です