Windows10でDjango開発環境(仮想環境)を構築しようとして躓いたこと

MacからWindowsに移行してDjangoアプリケーションを作ろうと思ったら、いろいろ設定が違っていたから備忘録としてここに記します。

本記事で分かること。

  • Windows10でのDjango開発環境(仮想環境)の立ち上げ

Windows10でDjango開発環境(仮想環境)で躓いたこと

まず、そもそもpipコマンドが使えなかったのでPython公式に出向いてインストールしました。

Python公式

ここからインストールできます。これでpipコマンドとか使えるようになりました。確認のためにバージョン確認してみます。

python --version
Python 3.9.6

とりあえずOK。

お次にDjangoプロジェクトのディレクトリを任意で作成してもらって、そこで仮想環境を作成してみます。

python -m venv myenv

このコマンドでmyenvという名前で仮想環境が作れました。あとはこれに入るだけです。

環境に入るためにはScriptフォルダの中にあるactivateを実行しないといけないみたいです。Macだったらsourceコマンド使ってbinフォルダの中に入る、、みたいな感じだった気がしますが、Windowsの場合はちょっと違うみたいですね。

.\myenv\Scripts\activate

\はバックスラッシュです。これで(myenv)っていう仮想環境に入れたかと思います。こんな感じで👇

(myenv) C:\Users\Juvenile0712\Desktop\dev\DjangoProject\django-react>

ついでにDjangoプロジェクトまで立ち上げてみた

ついでにDjangoプロジェクト作成までやります。

仮想環境に入れたので、Djangoフレームワークをインストールしてきます。仮想環境なので自由にモジュール等をインストールしてもコンフリクトが起こることはないでしょう。

pip install Django

これでDjangoフレームワークが誰でも使えるようになります。しかも無料で、すごすぎる。後はプロジェクトとアプリを作成するだけ👇

djang-admin startproject <プロジェクト名>
django-admin startapp <アプリ名>

これで終わりです。

Windows10でDjango開発環境構築(振り返り)

過ちを繰り返さないための振り返り。

まずはWindows版だとMacが使えてたコマンドが使えないことが多い。コマンドが見つかりません。がとにかく多い。

今回はpip,source等のコマンドが使えなかったからまずはPython公式からPythonをインストールし、sourceコマンドは使わずに.\myenv\Scripts\activateとして環境を起動した。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です