【Reactチュートリアル:第6回】Cardsコンポーネントを作成してみよう

ようこそ、ShinCodeへ。Reactチュートリアル第6回目。

今回は、以下のタスクを進めます。

  • Cardsコンポーネントの作成
  • CardsのCSSスタイリング
  • 実際にCardを画面に表示する

(前回がまだの人はこちらから)

【React】空欄になった箇所だけエラー文を表示したい。 【Reactチュートリアル:第5回】Fetchメソッドを使ってAPIを叩いてみよう

Reactチュートリアル第6回

前回はfetchで欲しいデータを取得できたと思うので、今回はそれらのデータを出力するためのカードを作成していきます。カードに出力するデータは疑似的なデータを使いたいと思います。

①Main.jsにCardsコンポーネントの追加

Cardsコンポーネントの中身は後述するので、まずはMain.jsにコンポーネントを追加しておきましょう。

import React from "react";
import { FormInput } from "./input/FormInput";
import { Title } from "./title/Title";
import { Cards } from "./card/Cards"; +++++


export const Main = () => {
  return (
    <div>
      <Title />
      <FormInput />
      <div className="cardArea">  +++++
        <Cards />  +++++
      </div>   +++++
    </div>
  );
};

<Cards />コンポーネントを追加しました。import { Cards } from "./card/Cards";の記述も忘れずに。

②Cardsコンポーネントを作成しよう

以下の階層にCards.jsファイルを作成してください。

疑似的なデータ(オブジェクト)を作成し、それを画面に出力してみます。

import { Paper, Typography } from "@material-ui/core";
import React from "react";


export const Cards = () => {
  const testData = [
    {
      id: 1,
      name: "kdr",
      number: 3.53, //ここの数字はAPIから後でとってくる
    },
    {
      id: 2,
      name: "placetop1",
      number: 30,
    },
    {
      id: 3,
      name: "placetop10",
      number: 50,
    },
    {
      id: 4,
      name: "placetop25",
      number: 70,
    },
    {
      id: 5,
      name: "winrate",
      number: 1.4,
    },
  ];
  return (
    <div>
      {testData.map((data) => (
        <Paper key={data.id}>
          <Typography>{data.name}</Typography>
        </Paper>
      ))}
    </div>
  );
};

testDataを作成してデータ取り出す練習をしています。testData.map((data) => (はtestDataの中身の配列を1つずつ取り出し、それをdataという変数に格納して利用できる処理を書いています。map関数はいわばfor文のような役割を果たしてくれます。配列データを1つずつ取り出したいときに頻繁に使う関数です。

また<Paper key={data.id}>はPaperタグにkeyとしてIDを渡しています。これはどのデータかを識別するために必要です。これがないとカードが識別できないので更新や削除ができなくなります。コンソールでワーニングも吐かれるので記述するようにしてください。

これで疑似的なデータをカードに出力できました。

③CSSでカードのスタイリング

グリッドで表示するのでマテリアルUIのGridを利用しました。

import { Grid, Paper, Typography, makeStyles } from "@material-ui/core";
import React from "react";


const useStyle = makeStyles((theme) => ({
  cardContainer: {
    flexGrow: 1,
    marginLeft: theme.spacing(8),
    marginRight: theme.spacing(8),
  },
  paper: {
    padding: theme.spacing(2),
  },
  grid: {
    padding: 28,
  },
}));


export const Cards = () => {
  const classes = useStyle();


  const testData = [
    {
      id: 1,
      name: "kdr",
      number: 3.53, //ここの数字はAPIから後でとってくる
    },
    {
      id: 2,
      name: "placetop1",
      number: 30,
    },
    {
      id: 3,
      name: "placetop10",
      number: 50,
    },
    {
      id: 4,
      name: "placetop25",
      number: 70,
    },
    {
      id: 5,
      name: "winrate",
      number: 1.4,
    },
  ];
  return (
    <div className={classes.cardContainer}>
      <Grid container spacing={3} className={classes.grid}>
        {testData &&
          testData.map((data) => (
            <Grid item xs={12} sm={3} key={data.id}>
              <Paper className={classes.paper}>
                <Typography>{data.name}</Typography>
                <Typography style={{ fontSize: 30 }}>{data.number}</Typography>
              </Paper>
            </Grid>
          ))}
      </Grid>
    </div>
  );
};

</Grid>タグを使ってグリッド表示が簡単にできます。<Grid item xs={12} sm={3} key={data.id}>で横幅全体12を3で割って4つに等間隔でグリッド表示ができるようになります。レスポンシブにも対応してます。 Gridリファレンス

疑似的データですが、これでカード出力ができました。また、新しく<Card/>コンポーネントを別ファイルで作って分けても構いません。今回はCardは使いまわす箇所がないので<Cards/>の中に直接書いています。コードの見やすさ重視するならば各自で分けてみてください。

【Reactチュートリアル】第7回へ続く

次回のチュートリアルでは以下を進めます。

  • useStateフックを使ってMain.js内で状態変数を共有する
  • Propsでコンポーネント間のデータ共有にチャレンジ

Shin

分からない箇所はコメント欄にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です