【Reactチュートリアル:第1回】ゲームAPIを利用したWEBアプリを作ってみよう

ようこそ、ShinCodeへ。

 

React初心者向け。

fortniteTracker

今回はReact(Hooks)とゲームAPI(フォートナイトAPI)を使って簡単なWEBアプリケーションを作っていきます。

分かりやすく説明するので、初心者の方はぜひ楽しんで学んでくださいね。

【Reactチュートリアル】ゲームAPIを利用したWEBアプリ

まずは完成品のデモの説明からです!

このチュートリアルの完成品デモ

こちらのサイトから確認できます。

 

フォーム欄にゲームプレイヤーの名前を入力してください。

たとえば「jaf」「dragon」などの名前を入力してみてください。

すると下にカードで以下の情報が出力されます。

  • 優勝数(ビクトリーロイヤル数)
  • トップ10入りした回数
  • トップ25入りした回数
  • プレイ時間など。。。

これでプレイヤー情報をいつでもトラッキングできるというサイトですね。一応最終的なソースコードをこちらに置いておくので、もしバグ等が発生した場合は参考にしてください。

(フォートナイトAPIは無料提供されているものなので、API取得に失敗することが多々あります。)

このチュートリアルで習得できるスキル

これを作り終えると次のスキルが身につきます。

  • Reactの基礎(Hookを利用しています)
  • 外部ゲームAPIの呼び出しと抽出
  • マテリアルUIの使い方
  • CSSレイアウト
  • map関数の使い方など。。

Reactの基本的な部分から解説するので、ぜひお楽しみに。

それでは早速ReactでWEBアプリを作っていきましょう!

まずはReact環境構築から

今回はチュートリアル第1回ということで、ササッと環境構築からやっていきます。

①プロジェクトの作成

ターミナルを開いてください👇

ターミナル

デスクトップに移動し、プロジェクト用ディレクトリを作ってそこに移動します。

cd Desktop
mkdir React-Tutorial
cd React-Tutorial

プロジェクト名は「React-Tutorial」にしました。ご自分で決めても構いません。

 

次に、Reactアプリを作っていきましょう。

npx create-react-app fortnite-tracker

npxコマンドを使ってReactアプリケーションの雛形を作ります。

アプリ名は「fortnite-tracker」とでもしましょう。

Shin

npxコマンド使えないんだけど?!

そんな人はNode.jsをインストールしてください。ここからインストールできます。

何か他にもエラーが出る場合はコメント欄で対応します。

 

npxが通った人はアプリの雛形が完成するまで数分待ちましょう。多少時間がかかります。

②VSCode(エディター)を開く

続いて、作ったアプリディレクトリに移動して、VSCodeを開きます。

cd fortnite-tracker
code .

code .の「.」を忘れずに入力してくださいね。現在のディレクトリをVSCodeで開くという意味になります。

Shin

VSCodeって何よ?!

コーディングするためのエディターですね。まだインストールしてない人はこちらからダウンロードしてください。

開くとこのような画面👇が出ると思います。

VSCode

このエディターで今後は開発を進めます。

③Reactアプリを起動してみる

次に、React環境が作れたか確認してみましょう。

 

VSCodeを開いたら、上のタブから「ターミナル」⇨「新しいターミナル」を選択してください。

開いたターミナルで以下のコマンドを打ち込みます。

yarn start

これで自動でローカルサーバーが立ち上がります。

React Page

この画面が表示されたらReact開発環境が整いました!

Shin

簡単だった!

次回から早速Reactの中身と開発を進めていきましょう。

【Reactチュートリアル】第2回へ続く

次回のチュートリアルでは以下を進めます。

  • マテリアルUIのインストール
  • ヘッダーの作成

こちらからどうぞ。

【React】空欄になった箇所だけエラー文を表示したい。 【Reactチュートリアル:第2回】マテリアルUIとヘッダーを作成しよう

Shin

分からない箇所はコメント欄にどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です